キャットフードを食べない時の対処法

正直「これだ!」と思ったキャットフードでも実際に猫が食べてくれない時は結構ありました。でもせっかく買ったキャットフードをそのまま捨てるのも勿体ない。原材料も悪いものじゃないから、どうにか食べさせたい。こう書いてみて、これが親の気持ちかなと思いました。

さて、皆さんもキャットフードを食べない時が多々あると思います。今回は猫がキャットフードを食べてくれない時に私がどう対処したかを紹介します。

嗜好性の高いキャットフードと混ぜる

まず私の場合はシーバデュオのように嗜好性の高いキャットフードと一緒に混ぜて猫を騙すことから始めます。今まで猫が気に入っていたキャットフードなら食べてくれるので、それと一緒に混ぜるのです。そうすると少なからず一緒に食べることになるので、新しいキャットフードの味にも興味を持つようになります。

新しいキャットフード単品だと食べてくれないかもしれませんが、少なくとも買ったパッケージの分を消費できればこちらの勝ちです。時間はかかるかもしれませんが、捨てるよりかはましです。

ウェットフードと混ぜる

ウェットフードは臭いが強烈なので大抵のドライフードも一緒に食べてくれます。私は黒缶やフィリックスなどを常時しておいて、食べない時にぐちゃぐちゃに混ぜて出します。多少残す時はありますが、手に取ってあげると食べくれました。少し強引ですが、結構効果的です。

とことん待つ

最終奥義は食べるまで待つことです。猫は1日食べなくても問題ありません。お腹がすけば勝手に食べます。荒業ですが、食いつきの悪いキャットフードでも心を鬼にして食べさせることも必要です。