キャットフードの選び方

皆さんはキャットフードを選ぶときに何を重視していますか?世の中には値段、原材料、成分、産地、嗜好性、食感など様々な点で異なるキャットフードであふれています。その中から自分が飼っている猫に最適のキャットフードを選ぶのは至難の業です。

そこで私が実践しているキャットフードの選び方をご紹介します。これが100%正しいわけではありませんが、今までのキャットフード選びで失敗している方はぜひ参考にしてください。

原材料にこだわりすぎない

まず私たちも市販の食べ物を購入するときに大抵はパッケージの裏を見て何が入っているのか確認しますよね。でも大抵は「なんだこれ?」という感じで終わると思います。実際のところ、どんな原材料が使われているかを完璧に把握するのは一般の消費者には不可能なことです。

総合栄養食の基準を満たしていれば、どんなキャットフードでも栄養面に問題は出てきません。またチキンミールやチキンエキス、肉副産物などを使っていたとしても、健康被害が出ることはほぼないでしょう。

原材料に拘りすぎるあまり優良なキャットフードを見過ごしてしまうほうが勿体ないです。私も原材料に拘りまくったキャットフードとシーバなど一部低品質な素材を使った商品を食べ比べしましたが、どちらも変わりはありません。もし健康被害が出るような商品であれば獣医はもちろん、世間的に問題になって販売停止になります。

安すぎる商品は避ける

ただしあまりにも安い商品はその限りではありません。安いキャットフードは原材料だけでなく品質管理もいい加減になっている可能性が一気に高くなります。不良品の割合も増えるでしょう。この点で私は低価格な製品を避けることをお勧めします。

特にスーパーやコンビニに置いてあるキャットフードの中には劣悪なキャットフードがドカンと目立つように置いてあることが多いです。本当に緊急の場合を除いてそういう商品は買わないようにしましょう。

食いつきの良さが決めて

結局は猫に食べてもらわないと意味がないので、少し与えてみて食いつきの良いキャットフードを選ぶことが大事です。ペットショップでは試供品(サンプル)をくれる店があるので、できれば近場でそういうお店を見つけるとよいでしょう。

通常サイズのキャットフードを購入したら、まずは数口分だけ与えてください。子猫のうちはあまり食わず嫌いはありませんが、成猫の場合は臭いだけかいでぷいっとどっか行ってしまうことがあります。その場合でもしばらくは放置しましょう。それでも食べない場合は今まで上げていたキャットフードを7割、新しいキャットフード3割になるように調整しましょう。それで大抵の猫は口をつけてもらいます。それで徐々に1週間かけて新しいキャットフードに切り替えていきます。

もしキャットフードを切り替えて以前よりも食いつきが悪くなったり、お腹の調子が悪くなったら、そのキャットフードはアウトです。おすすめのキャットフードはほとんどありませんが、買ってみたけど結局うちの猫に合わなかったというケースは少なくありません。その時はまた新しいのを探しましょう。