キャットフードのローテーションを変えました

最近猫に与えている餌を変えました。今まではシーバ、カナガン、ロイヤルカナンでしたが、ロイヤルカナンを削ってピュリナワンの下部尿路ケアのフードを混ぜてみました。

猫の餌を変える際の注意点は、いきなり丸ごと買えないことです。基本的には7日間かけて少しずつ変えるのがよしとされています。1日目は1:6、2日目は2:5、3日目は3:4、4日目は4:3、5日目は5:2、6日目は6:1、7日目は7:0という感じです。

人間は環境への対応が非常に機敏ですが、猫は外的な変化に非常に敏感です。そして胃腸も普段食べなれていない食材が入ってくると拒否反応を起こして吐いてしまったり、消化不良を起こして下痢になったりします。個体によって差はあるものの、キャットフードを変えるときは慎重を期すべきです。

今回ピュリナワンを混ぜるにあたり、ロイヤルカナンとピュリナを少しずつ混ぜて、じょじょにピュリナに切り替えてうまくいきました。幸い吐いたり下痢になったりすることなく、いたって快便です。

下部尿路は水をたくさん飲ませればある程度予防ができるとはいえ、一度発症すると猫にとって非常に苦しい病気です。できる限り予防して、結石が貯まらなようにケアをすることが大事だと思います。