「未分類」カテゴリーアーカイブ

飼い猫の名前は母の一言で決まった

我が家に、父の知り合いの家で生まれた、マンチカンの子どもがやってきました。本当に可愛くて、母も父も弟も、そしてもちろん私もメロメロになりました。実物を見てから名前を考えようと、家族で話していたので、我が家にやってきてからは、名前をどうするかの話題で、我が家の会話は持ちきりになりました。

やってきたのが6月だったので、ジューンにするといえば、人間の名前みたいだしだめ、と、無意味なダメ出しが出たり、可愛いけど、オス猫だったので、かっこいい横文字の名前がいいと言うだけ言って、思いつかなかったり。そんな状態なので、すぐに名前はつきません。

我が家にやってきて、3日目くらいの日曜の午後。天気が良くて、庭先で、私が子犬と遊んでいるのを、縁側でラジオを聴きながら、縫物をしている母が眺めていました。

「名前、どうしよう。早く決めてやりたいねぇ。」と母に話しかけると、
「誰かが候補を上げても、別の人がこれは駄目と、ダメ出しをし続けてるんだから、決まらなくても当然よ!」と。
 
私自身も、それは感じていたので、反論はできませんでした。そして、そういうやり取りに母が今まで入ってこなかったことにも気づきました。そんなことを考えていると、母が聴いていたラジオから、北島三郎の『与作』が流れてきました。すると母が、断言しました。

「今日からこの猫は与作にする!!」

その場にいたのは私だけで、あまりの潔さに私は反論することもできず、その後帰ってきた父と弟にも、母は、同じような潔さで子犬の名前を「与作」にしたことを報告。私と同じで、今まで口を挟まなかった母の一言に、父も弟も反論することもなく、あれだけ、いろいろ言い合っていた3人の意見は全く反映されることなく、母の一言で、我が家にやってきた子猫の名前は『与作』に決まったのでした。

登録する時もちゃんと漢字で登録しました。漢字であることも含めて、呼び始めると、案外しっくりきて、あれだけ、かっこいい横文字の名前などとこだわっていた私たち3人も、お気に入りの名前になりました。

キャットフードのローテーションを変えました

最近猫に与えている餌を変えました。今まではシーバ、カナガン、ロイヤルカナンでしたが、ロイヤルカナンを削ってピュリナワンの下部尿路ケアのフードを混ぜてみました。

猫の餌を変える際の注意点は、いきなり丸ごと買えないことです。基本的には7日間かけて少しずつ変えるのがよしとされています。1日目は1:6、2日目は2:5、3日目は3:4、4日目は4:3、5日目は5:2、6日目は6:1、7日目は7:0という感じです。

人間は環境への対応が非常に機敏ですが、猫は外的な変化に非常に敏感です。そして胃腸も普段食べなれていない食材が入ってくると拒否反応を起こして吐いてしまったり、消化不良を起こして下痢になったりします。個体によって差はあるものの、キャットフードを変えるときは慎重を期すべきです。

今回ピュリナワンを混ぜるにあたり、ロイヤルカナンとピュリナを少しずつ混ぜて、じょじょにピュリナに切り替えてうまくいきました。幸い吐いたり下痢になったりすることなく、いたって快便です。

下部尿路は水をたくさん飲ませればある程度予防ができるとはいえ、一度発症すると猫にとって非常に苦しい病気です。できる限り予防して、結石が貯まらなようにケアをすることが大事だと思います。

ウチの猫は散歩中のレーザーポインガーがお気に入り

ウチで飼ってるアメリカンショートヘアのブランカちゃん(オス)とのお話です。名前の由来は格闘ゲームのキャラクター、ブラジル出身のブランカです。ブランカちゃんが子猫の時、よく丸くなって寝てました。この時の寝方がスト2時代のブランカの近距離強パンチ(空中で回転して二回連続攻撃する技)のモーションと似てたのでブランカと名付けました。

このブランカちゃん、私によく懐いてくれててお散歩する時も一緒に歩いてくれます。猫って室内だとベッタリでも、外に出たら少し距離を置く猫が多いですし足元をまとわりついて歩きにくいってぐらいの近距離で一緒にお散歩してくれるんです。正直メロメロです。

夏場は暑かったので日の暮れた夜にお散歩するようにしてたんですが、この時にレーザーポインター遊びを覚えました。まだ一歳半なのでまだまだ遊びたい盛りのブランカちゃん、自宅だと猫ジャラシが大好きですし、ちょっと物にもお尻フリフリして飛び掛かるぐらいの子です。試しにレーザーポインターを地面に当て、地面に当たってる(光ってる)部分にブランカちゃんが反応するかなって思ってレーザーポインターを動かしてみたところ、食いついてくれました。

猫を遊ばせる道具って自分も体を動かさないといけないので結構大変なんですよね。その点レーザーポインターは指先を動かすだけで自由自在に動かすことが可能です。主に近所の広めの公園で遊ぶんですけど、公園のスペースをフル活用出来るんです。

遠くまでブランカちゃんを走らせたいって時もレーザーポインターなら指先の操作一つで10mぐらい先まで簡単に移動させれます。ブランカちゃんの運動不足や解消やストレス発散も出来ますし、私は疲れないしとこのレーザーポインター遊びに私もブランカちゃんも日課のように毎夜遊ぶようにしてます。

複数の猫に餌を与えるのは大変

猫を複数匹飼っている方なら理解してくれると思うのですが、猫に餌を与える際には大変苦労してしまいます。我が家は4匹もの猫を飼っているのですが、毎日餌をあげる際には苦労しています。人間にも味の好みがあるように猫にもキャットフードに好みがあるようで、カツオ味を好む猫もいればマグロ味を好む猫もいるのです。

我が家ではカツオ派が2匹でマグロ派が1匹です。あと1匹はまだ子猫という事もあるので缶詰めと混ぜ合わせてカツオ味を与えています。従って子猫に与える缶詰めの匂いに反応する成猫たちを抑えるのが大変なのです。ちょっとでも目を外すと子猫の餌が入っている皿に成猫3匹が群がっているという状況が多々あり、子猫もその迫力に圧倒されている様子です。この状況が続いているので成猫たちにも1日1回のみ缶詰めと混ぜ合わせたキャットフードを与えるようにしています。

複数匹に餌を与える大変さは後片付けにもあります。水が入っている器と合わせて6枚ある上に缶詰めを混ぜ合わせている際に使用するスプーンも洗わなければならないので、結構な時間を費やしてしまうのです。また子猫がヤンチャな時期という事もあり、せっかく入れ替えた水の器を走り回って引っくり返すという荒業を行う為に床が水浸しになるのです。

最近ではお肉のトレーを器の下に敷くようになったので、仮に水が溢れたとしても床一面に広がる心配がなくなったのでホッとしています。猫も自分が使った器を自分で洗うようになればいいのですが、夢のような話なので諦めています。

我が家に加入した新人子猫チャン

猫を3匹買っている我が家に新入子猫が加入する事になりました。この子猫は朝方に自宅の前に捨てられていて、植木鉢の隙間に隠れた状態で1日を過ごしていました。

その子猫を飼うきっかけとなったのが夜中の鳴き声でした。深夜に飼い主を探すかのように鳴き続けていたので、情が移ってしまい部屋に招きいれたのです。お腹が空いていたようだったので、キャットフードを与えてやると鳴き声を上げながら食べていました。

この時に分かったのはやはりこの捨て猫は部屋で飼われていたのでは?という事です。普通の野良猫だったら警戒心が強いのですが、この子猫は撫でてあげるとグルグル言いながらなついていました。

この子猫には種類がチャシロだったのでチャンと名付けました。性別はオスで尾長です。先輩猫たちはいきなりチャンが加入した為に次々に臭いを嗅ぎに来ては威嚇したり、猫パンチを加えたりと様々なリアクションをしていました。

ただチャンの方はというと先輩猫たちにも臆する事なく尻尾を掴みに行ったり餌を食べる際には横取りしたりしています。先輩猫の中でも三毛猫のフサ子がこのチャンを可愛がってくれており、毎日遊び相手となって部屋中を走り回っています。

おかげで机の上に立てていた鏡を割られるという事態になったのです。まだ子供だから仕方がないのである程度のヤンチャは我慢しないといけないので、毎日ストレスが溜まりまくっています。しかし、これも含めて猫の魅力だと思うので毎日一緒に寝ています。

猫カンを覚えてからドライフードを食べなくなってしまった

今回紹介したいのはウチで飼ってる三毛猫メス(一歳)のショーンちゃんです。近所のコンビニに買い物にいったらニャーとか細い声で鳴きながら擦り寄ってきたのが出会いのキッカケです。

猫を飼うのは初めてでしたが、小さい頃は牛乳を飲ませ、じょじょにドライフードへと移行していきました。ただドライフードにも美味しい不味いっていうのがあるようで、1kg1000円以下の安いものだと全然食べないんです。安いものだと大体残されました。

試しに一袋2980円や3980円とかするようなのを与えてみたんですが、これは食いつきが違いました。安物と違ってお皿が空になるまでキレイに食べてくれるようになりました。一応試したもで良かったものはおすすめキャットフード最新版で紹介していますので参考にしてください。

ここで気になったのが猫カンです。テレビCMで見たことあるようなのだと一個100円以上はします。一食分でこの値段なのでなかなかの高いなと思いつつ、一つあげてみました。今までドライフードしか食べさせてこなかったんですから、新鮮さもあったんでしょう。食べてる時の勢いは段違いですし、あっという間に全部キレイに食べてしまいました。たしかに人間の私から見てもツナ缶みたいだし美味しいんだろうと感じましたし、ここから色んな猫カンを与えるようになりました。

猫カンでも値段の高い安いはあります。色々上げてみた結果、一個100円未満のお徳用的な猫カンはショーンはダメなようで残すんです。食いつきが良いのは一個150-200円ぐらいする猫缶です。普通の猫カンじゃなくて、なんとかゴールドやなんとかプレミアみたいな感じで1ランク上の猫缶ですね。

あまりにも美味しそうに食べるので、つい毎日上げてしまったんです。この味に慣れてしまったのか、たまにドライフードをあげてもまったく食べようとしてくれません。安い猫カンも一口食べたら、私の欲しいのはコレじゃないって感じで私を見つめてニャーニャー鳴いてきます。おかげで今では高い猫カンしか食べないようになってしまい、猫の食費が私の食事代を上回るという悲しい日々を送っています。

飼っている猫のトイレの臭いは大丈夫?

可愛い猫の外見からは想像がつかないけれど、猫のオシッコやウンチはすごい刺激臭です(苦笑)うちは室内飼いなので当然猫トイレも室内なわけで置き場所には苦労しています。

以前、住んでいた家では玄関が2か所あったのですね。勝手口の方にトイレを設置していました。ドアで仕切りもあったので良かったのですが、現在の猫OK物件に引っ越してからは置き場所がなくて結局のところ台所の隅っこしか置けないのでそこに置いています。トイレは色々試しました。木のチップのようなもの、紙製のもの、砂。結局自然に近い、価格も安い猫砂に決定しました。

トイレトレーニングは本当に簡単で、子猫の時にごはんの後とりあえず猫トイレに連れていくだけです。したくなければぷいっとどこかへ行きますが、大体はおしっこします。1回か2回癖づけたらあとはもう勝手に自分でそこをトイレと認識してずっとするんです。賢いなあと親馬鹿モードですが、これは猫の習性なんですよね。なのでどこかの家の花壇とか公園の砂場とかトイレとして猫が気に入ると大変なことになりますよね。猫が嫌いな方からしたら大事な花壇に毎日トイレがわりにされるので、たまったものではないはずです。

家の場合はトイレでそそうは全くないのですが、終わった後に豪快に砂をかけてくれるもので・・・毎回砂が床に落ちてるのですね。トイレをしたら強烈な臭いがしますのでささっとビニール袋に入れて捨てて、落ちている砂は拭き取って・・・とそんな毎日です。

飼っているとだんだん鼻がマヒしてわからないというけど、お客さんとかは入った瞬間「臭い」って感じるんだろうなと思います。こまめに掃除して換気してと気をつけてはいます。

おすすめキャットフード1位のシーバの紹介

sheba

こちらのシーバデュオは子猫用ですが、ちゃんと成猫用もあります。可愛らしいロシアンブルーの写真が目印です。ちなみに成猫用のシーバのパッケージには大人の猫の写真になっています。

子供用だと1種類(中身は2つの味)だけですが、大人用は複数の種類があります。またおやつもあるので、シーバだけで通常のドライフードとおやつを与えることができます。

食感が楽しめる

まず一見普通のドライフードのように見えますが、中はクリーム状になっていて、噛むとカリッフワッを楽しめるようになっています。人間らしい発想ですが、猫もまんざらではなさそうです。たぶんキャットフードの中ではこのような食感を楽しめるのはシーバだけだと思います。

二つの味を同時に楽しめる

そして、1袋の中に2種類の味が入っているので、一回の食事で二つの味を楽しめるのも魅力です。キャットフードは1食だとどうしても単調な味が続いてしまいますが、これなら飽きずに食べてくれます。子猫用だと「まぐろ」と「ささみ」ですね。

また分包されているので、餌が与えやすいし、毎回新鮮な状態なので食いつきもいいです。キャットフード選びで迷ったら一番におすすめしたいブランドです。